« 夏におすすめの日本酒 | トップページ | “松の寿とお料理を楽しむ会”開催いたしました »

究極の静岡吟醸を愛でる会

6月14日(日)「第7回究極の静岡吟醸を愛でる会」(東京・虎ノ門パストラル)に今年も参加しました。静岡吟醸をこよなく愛する一般消費者の雄であります吟醸番さんと目黒の清水さんのお二人が開催する年に一回の大イベントです。毎年、貴田乃瀬のおやかたと「小夜衣」の森本社長と一緒に行くのが恒例となりました。

01 02 03

出品酒は静岡県内の23蔵から54種類(合計本数125本)で、「大吟醸」「純米大吟醸」の鑑評会出品酒及び同等クラスばかりです。また蔵元さんも14人がご参加されました。出品酒等の詳細はこちらの公式サイトをご覧下さい。

04 05 07_2 08_2

一般の参加者は100名強ではなかったでしょうか。毎年、岡山県から参加される方もいらして静岡県酒の人気の高さをいつも知らされます。この会は個別に各蔵のブースを設けていませんので消費者と蔵元さんとが非常に近い距離でお互いに飲みながらフランクにお話が出来るのが最大の特徴です。

06 14 12 13

会場には料飲店関係者も数多く見られて真剣にお酒を利いている姿が印象的でした。

07_4 10 16 17

54種類のお酒を全て飲むことは困難ですで自分なりに絞って飲むことにしました。その中でも特に印象に残ったのは「杉錦 純米大吟醸」(さすが県知事賞(首席))、「君盃 大吟醸」(これで本当に明利酵母か!)、今年春に廃業されてしまいました参考出品の「忠正 大吟醸16BY」「同19BY」(もう飲めないだろう・・・16BY)、「英君 大吟醸」等でした。

15 19 21 18

09_3 11 22 23

利き酒、蔵元さんとの会話、準オフ会、お料理と今年も充実したイベントでした。吟醸番さん、目黒の清水さん、ボランティアの皆様、お会いした皆様のお陰で素晴らしい時間を過ごすことができました。そして皆様には会での別れ際に「来年も、また!」が自然のご挨拶となったのです。 ありがとうございました!

 チャーリー@丸味屋酒店

|

« 夏におすすめの日本酒 | トップページ | “松の寿とお料理を楽しむ会”開催いたしました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

静岡県酒」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

日本酒の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 究極の静岡吟醸を愛でる会:

« 夏におすすめの日本酒 | トップページ | “松の寿とお料理を楽しむ会”開催いたしました »